企業にとって必要不可欠な広告、その近年変わってきた方法とは

イメージを良くする

パソコンを指す赤い服の女性

最近のテレビコマーシャルはドラマ仕立てのものが増えていますが、その中でも購買に繋がるものは「お得感」「美味さ」「これを買うとやる気がでそう」などの購買意欲をそそるものです。そういったテレビコマーシャルは何度見ても飽きないし、今のもう一度見たいなどの面白さもあります。なかにはどこの、何のコマーシャルだったか思い出すには考えてしまうものもあります。単発のコマーシャルでも印象に残るものはたくさんありますが、購買に繋がるのは見た人のタイミングによるのではないでしょうか。最近では「テレビコマーシャルは古い」という方もいますが、まだまだいろいろな展開により惹きつけることができると考えます。リスティング広告も効果的ではありますが、パソコンを使用していない人もまだたくさんいるのです。

テレビコマーシャルを流すことによって、会社名や商品名を広く知ってもらい「欲しい」と思わせること。そして「どうしても欲しい」に変わり購買に繋がると、役割を果たすことができたということになります。テレビコマーシャルを見ていなければ、その商品があることさえ知らないため、コマーシャルの役割はかなり大きいということです。それにしても、コマーシャルに出演する役者やタレントの影響は強く、大きな商品などは特に、ちょうど買おうと考えている時に「お気に入りの俳優が宣伝していたからこれ買いました」なんてことも結構あります。最近では、コンビニの商品に興味がある人も多く、近所に必ず1件はあるコンビニエンスストアで「おいしそう」とか「おもしろい」商品が発売されたとなれば、絶対に買ってしまいます。